日の出を見に!
観戦に追いついていかない気がする柏レイソル観戦記録。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vs湘南(最後までレイソルらしく)
いろいろあってこんなに過ぎてしまったがあの日を振り返ってみる。
って言っても4日前か

先週は毎日のようにバイトがあり
そして昼間は当たり前だが本職である学校があり
札幌戦から湘南戦の日までは怒涛のように。

頭の中が12月2日のことでいっぱいになるよりは、
仕事に追い回されていた方が良かったのか。
睡眠不足なのにあまり眠気を感じない。ハイになっていた。

金曜日は唯一バイトがなく(あえて空けておいた)
大学関係のイベントに参加して少し飲み、その後最寄まで帰ってまた飲む。
目がくっつきそうになったので1時過ぎに帰宅。
始発で平塚に向かう予定が5時半頃に飛び起きる。
多摩を出たのは6時半くらい。
伊勢原からバスで平塚競技場へ向かう。
バスの窓から差し込む太陽の光と遠くに富士山。いい天気。
8時半前に現地着。
公園内の競技場への道

現地は黄色いイチョウの木とたくさんのテントとそれぞれ店を広げている人、人。
すでに列が結構伸びていた。

お湯が大活躍するこの時期の並びでの過ごし方。
でも山形よりは随分マシだった。

今年最後になるかもしれない並び。
まるでホームのように仲間とわいわいしながら開門を待つ。
これも試合の楽しみの一つ。緊張をほぐすにはピッタリ。
ここ1年間くらいで知り合った方々(もっと前からの知り合いのようだが)今年は一気に輪が広がった。皆が持ち寄った品々で快適だった。

桜が散るように落ちてくるイチョウの葉がキレイだった。
イチョウが黄色く燃えていました。


そしてついに開場の時間に。
ゴール裏が開放されたのはいつぶりなんだろう。
バック側入口からゴール裏の方へ入る。
人がたくさん。皆でギュウギュウになって応援だ!

山形を経験していたからか緊張感でマヒしていたのか
この日はユニ姿(半袖)になってもへっちゃら。
鳥肌立ってたかもしれないけど
アップする選手たちとこの日全員帯同の選手 必死でビデオをまわす横井さん

やざーシュートこの日は50%くらいの確立でゴールネットに突き刺さっておりました。

平塚の空と一心同体パネル カメラがたくさん

一心同体の応援は気持ちいい。とにかくすごかった。黄色かった。

そしていつもとは逆のエンドで試合開始。
最初は攻め込まれる場面が多かった。
望さん立ちはだかる。
遠い向こう側で頑張る雄太に届けと大声でコール。
心臓に痛い。運もついてた。

この大事な日にやざーはスタメン出場。
プレスに走り回ったりFKを獲得したり。
そのやざーも絡んでのフランサの先制点!
いつにも増して嬉しい。でも1点で安心する我々ではない。

仙台が1-0で勝っているという情報を知る。

前半はそのまま0-1で終了。

後半この日の前日のフォトギャラにあった勝利の法則発動。
後半頭からやざー消える。やざー→亮

2点目は石川くんのバックヘッドだった遠かったけどバックヘッドの瞬間の後ろへ反った石川くんがきれいに見えた。

3点目フラのシュートがはじかれたところをリカ。
これはよく見えなくてゴールが入ったことだけは入った。

サポも1点も与えてはいけないと一瞬たりとも手を抜かなかった。
皆体を張って頑張った。

由紀彦→ディエゴ

ロスタイム、岡が黄色いユニ姿になったので選手交代でFW投入かと思った。
そしたらなんだか一人で喜びを爆発させているみたい。
まだ試合終わってないよ!と思ってピッチを見たらいつの間にか終わっている?!
ホイッスルが聞こえなかった。
とにかく勝利したんだ!!

他開場の結果は??
でもなんだか選手が喜んでいる。決まったの?
決まったんだー!!

周りの仲間と喜び会う。
そして湘南のセレモニー中も喜びが爆発するのを止められない我ら柏レイソル。
試合後の黒い輪 石さん拉致

石さんを胴上げだ!! 恒例の岡とトラメガ

抱き合う選手たち オチと抱き合う雄太

ゲーフラを掲げるたっちゃん ゲーフラを掲げる石川君

小見さんと抱き合う雄太

そして舞台は日立台へ…
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://reyazaa.blog55.fc2.com/tb.php/128-b833a7d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

New Arrivals

LINK+

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。